side-area-logo

小児科専門医(新生児から18歳くらいまで)
自然療法、中国医学、アントロポゾフィー医学、針治療(大人も受診可)
Hansaallee 98
40547 Düsseldorf-Oberkassel
電話:0211-95593307
Fax: 0211-95593306
最寄り駅:U-Bahn „Rheinbahnhaus“: U74,U76, U77
プライベート保険、追加保険(Zusatzversicheung)加入者(自然療法による治療を含む)の他、公的保険の方も自己負担にて受診可能です。英語による受診可。日本語通訳有。ご希望に応じて、往診も行います。
診療時間(予約要)
月:19:00〜20:00
火、水、金:14:00〜18:00
土:10:00〜12:00
上記時間外も場合により予約可
日本語通訳付診療時間
火・金:15:00〜17:00(他の曜日も予約可)
電話予約:上記Tel又は下記携帯
月〜金 9:00:〜20:00
①日本語専用:
0174-5384119
②ドイツ語:
0151-56732917
緊急の場合は当日でも予約可。
当院は、プライベート保険加入者の他、下記の方もご利用になれます。
-公的健康保険の方も自己負担にて受診可。
-追加保険(Zusatzversicheung)加入者
-(自然療法治療も含む)
-労災保険(Berufsgenossenschaft)による治療
-新生児から青少年、大人まで
院長略歴
-ボッフムの医師家庭に生まれる。
-シラーギムナジウムにてアビトゥーア取得。
-エッセン大学病院に2年間看護師として勤務。
-デュッセルドルフ、ケルンの大学にて人間医学を専攻。
-ヴッパタール、エッセン、ヘアデッケ(最終年)にて5年間の専門医過程を修める。
-医学博士号取得。二つ目の大学専攻として(主に)北京、ロンドンにて中国医学を修める。
-デュッセルドルフ小児科開業医。

Kalligraphie
Kalligraphie by Dr. Birgit Völker

当院のご紹介
- 患者さんとご家族の方との対話を大切にし、幅広い、総合的な観点から診察を行います。
– 年齢に相応しい方法で、お子さん(患者さん)を中心とした診察を行います。
– 病気の予防(毎年の予防検診はとても大切です。)
例えば児童、青少年のための背中及び腰痛予防講習など(大人向けも有)。
- 患者さんと同じ目の高さで接し、医師と患者さんとのパートナーシップを大切にします。
- 患者さんに合った治療法のコーディネート。
– 医師と患者さんとの相互の信頼関係を重視し、患者さんの声に耳を傾け、理解することを
コミュニケーションの基本としております。
診療内容
-小児に関する全ての疾病(乳幼児期から思春期まで)
-全ての小児神経疾患(例えば注意欠陥/多動性障害)
-あらゆる面における成長、発達に関する障害
-低身長、内分泌疾患(甲状腺疾患、橋本病など)
-全てのアレルギー疾患(ぜんそく、アトピーなど)
-経口減感作療法(経口によるアレルギーの免疫療法)
-各種疾病に関する指導講習(ぜんそく教室など)
-肥満症
-背中痛(腰痛を含む)改善講習(子供、大人向け)
-斜頸(トーティコリス)等の、左右非対称障害(子供、大人)
-子供、大人の予防接種(渡航外来、小児熱帯医学を含む)に関するすべての相談、質問
-痛みをあまり感じさせない予防接種
-怖がらせない、トラウマにならない工夫
-ギフテッド(高知能児)と思われるお子様
-進路相談
-学習障害
-異常行動
-発達障害(子供、青年)
-注意力欠如
-学校生活の悩み、問題
-青少年の成長障害
-毎年の健康診断及び予防検診
-セカンドオピニオンを希望される方
-複数の治療法の紹介とコーディネート
当院の中国医学治療は、すべての年齢の方を対象にしております。
-睡眠障害
-アレルギー疾患
-背中及び腰痛のお悩みのある方、筋肉の硬直
-免疫力低下
-疲労感(例:燃え尽き症候群など)
-左右非対称障害、頭痛、偏頭痛
-整形外科に関わるすべての疾患
注意:以上は診療内容のごく一部です。
針治療は完全無痛治療です(レーザー治療)
当院が大切にしていること
-お会いした最初から同じ目の高さで患者さんと接すること。
-患者さんとのパートナーシップ。
-患者さんと同じ気持ちになること。互いの信頼関係。
当院は様々な異文化を持ち合わせた診療所です。ここには、ローカルで国際的なネットワークと出会いがあります。
言語:ドイツ語、英語、日本語

Copyright: (c) Dr. med. Birgit Völker